君の笑顔がわたしの生きる未来

『入った瞬間グループができて、ずーっと同期の中でもきっとちょっと妬まれていただろうし、先輩にも妬まれてもおかしくないポジションでずーっとずーっとやってきたと思います。だって「できない」が許されなかったんだよ。「若いからしょうがない」とか「この年齢ならこのくらいが安パイだろう」とか、許されなかったんだよ。それでも年齢という壁を感じて、「なんでもっと早く産んでくれなかったんだ」とママに泣きつくりゅっちぇを想像してしまったら、苦しくて仕方なかった。 

それでも必死に食らいついて、同じレベルで闘ってきた。溜め込んでしまうりゅっちぇをきっとみんな支えようとしたけど、りゅっちぇはその手を取らず、ずっと1人で抱えて来たんだと思います。 

そんなりゅっちぇにとってなにわ男子になったメリットってなんだったんだろうって、最近はすごく考えてしまう。西畑くんにとっても。私にとってなにわ男子ができたメリットは、大西畑が離れ離れにならないことだった。一緒に居れることだった。でもそんな大西畑にとって、メリットってまじでなんだったんだ。夢を見れた。チャンスだって言う。でもチャンスの代償があまりにも大きすぎないかと思う。 
歴とかもっと長い人がいるし、知らん人はみんな歴が長い方に同情する。でもずっと1番前に立ち続けた2人の努力は、まるでなかったみたいに。違う人が京セラで挨拶をする。なんでって、どうしてって。苦しすぎる。あんなん。京セラまで来たのに。全然、消化できなかった。 

なにわ男子にならなかったら、今までみたいに1番前に立ててたのかとか、真ん中に立ててたのかとか、最後の挨拶2人でできたのかなとか。そんなことばっかり、京セラが終わってから考えてました。 
まいジャニもそう。まるでなにわ男子からりとかんに引き継ぎますみたいな。そうじゃない。そうじゃないじゃん。過去だって大事な軌跡なんだよ。まいジャニは関西Jr.の番組じゃない。なにわ皇子Kin Kanがもらった番組だ。それを色んな人の好意で7年続けてきた。 

今のりゅっちぇに足りないところが私には思いつかなくて、だってきっとグループの色にも一番マッチしていて、これからどんどん大人になってく。ジャニーズを応援する醍醐味を1番体現できる人だと思う。真ん中が必ずしも本人のためになるとは限らない。特にりゅっちぇの場合は背負いすぎちゃう仲間たちを見てきたから、同じように背負いすぎてしまうんだと思う。 
それでも、オタクはワガママなので、ほんとはりゅっちぇは赤が良かったし、西畑くんはオレンジが良かった。康二くんは緑でいてほしかった。でもそんなのもう夢でしかない。 

今、私ができることがあるとしたら、声を上げることしかないと思ってます。だってりゅっちぇは真ん中が似合うもん!りゅっちぇが真ん中になるなら、西畑くんが真ん中じゃなくてもしょうがないかな〜って、納得できるの!だって一緒にずっと頑張ってきたんだもん!私は西畑くんのオタクだから、西畑くんの頑張ってるところ沢山見てきたけど、西畑くんのオタクだから、りゅっちぇの頑張りも沢山見てきた!けど、私は所詮西畑担で、大西担ではないから、私の嘆きにはリアリティーがないかもしれない。大西担は良い意味で偉い。争わず、みんなから愛されるりゅちぇと同じように、りゅちぇをまっすぐ愛す人が多いからこそ、不満がないように見えてしまうと思うの!だから、争いが得意な西畑担()はりゅっちぇを守りたくなってしまうんだと思う! 
これは文句ではなく意見!なにわ男子になったからにはメリットがなきゃ嫌だよ!なぁ、りゅっちぇは偉い!偉いから我慢しなくていいし、誰より前に立っていいし、誰より輝いていいし、誰より稼いでいい!誰も怒らない! 
憎まれて妬まれてもおかしくないりゅっちぇが、あんなに沢山の先輩に愛されてるのは、りゅっちぇの元々持ってる愛される素質もあるかもしれないけど、ただ前に立ってたわけじゃないって、みんながわかってるからだよ!みんな見てる。みんなわかってる。 

偉い人、頼むから、なかったことにしないでくれ!!みんな見てるんだからな!先輩も年上もみんなりゅっちぇの背中を見て走ってきたんだよ!りゅっちぇが真ん中に立つならみんなで守るよ。りゅっちぇを盾になんかさせるもんか。りゅっちぇを守りたいよ。悔しい。今が悔しすぎる。りゅっちぇは可愛いだけじゃないんだからな。そんなんオタクが1番知ってる。 

りゅっちぇは自分の身体の何倍も大きなものを背負ってずーっと生きてきたと思うので、今が不幸だとは思っていないと思います。それでも私は悔しいから、悔しいけど誰も悪くないからぶつける場所もなくてさ。りゅっちぇが今より前に出れば、誰かは下がることになるわけで。難しいよね。でもさ、りゅっちぇは前に立っていいよね。だって何年1番前で頑張ってきたんだよ。ずっと推されてたわけじゃない。追いつくために、同じラインに並ぶために頑張り続けた結果だった。誰に言えばいいんだろうね。わかんない。口に出しちゃいけないことと、口に出していいことがあると思うけど、これは出していいと思う。だって誰も傷つけないもん。関西Jr.を背負ってきた男は強いんんだぞ。」



ふせったーの続き。とはいえ、もうこのふせったーに書きたいことはわりと書いてて(笑)だから、ちょっとだけ昔話を交えながらつらつらと。



「カワイイ」に生きる男性アイドルの先駆けは間違いなく、知念侑李だと思う。彼は誰よりも早く「カワイイ」を受け入れたし、「カワイイ」を作ってきたアイドルだと、私は思ってる。思春期の「カッコいいって言われたい」時期も、彼は「カワイイって言われることが嬉しい」と話していた。私は知念くんに対して、「カワイイ」よりも「カッコいい」を感じることが多かったけど(もちろん顔は抜群に可愛い)、世間はそうじゃなかった。「カッコいいとカワイイ、どっちが嬉しい?」と聞かれて、「どっちも嬉しい」と答えるようなアイドルだった。


今思うとそれは、10人もいるメンバーの中で、「自己」を確立するためには、そうするしかなかったのかもしれない。「カワイイ」「爽やか」「なんでもできる」そんな世間のイメージに、一生懸命に答えていた。途中からは開き直って振り切っていたけど、きっと最初からそうではなかったと思う。だって彼は「カッコいい大野くん」に憧れてアイドルになったから。



大西流星くんは、どことなく、知念くんに似てると思った。求められることに応える。それがアイドルだと、りゅっちぇは、私が見つけた時にはすでに大人で、求められてるものがなんなのかも、全部わかってた。誰よりも「アイドル」を背負っていた。「大西プロ」と呼ばれるほど、十分、大人だった。大人にならざるを得なかったんだと知った。綺麗なものを見せてくれる。綺麗なものだけを見せてくれる。弱みを見せないりゅっちぇが、「人前で泣くのが嫌だ」と言っていた知念くんと重なった。きっと2人の人間性は全然違うけど、「アイドルとして」の生き方が、とても似ているような気がした。「本当の自分」を殺し、「アイドルとしての自分」を作り上げてるように見えた。だからいつか「本当の自分」を見失ってしまうんじゃないかって、怖かった。

強くなくていいんだよって。西畑くんもずっと言ってるけど「もっと甘えてくれてもええんやで」。でも今は強くいることで自分を保ってるんだろうなとも思う。


だけどな。ファンはどんな大西流星だって受け止めるし受け入れるし、大好きだし。きっとりゅっちぇが犯罪者になっても、変わらず大好きなんだよ。オタクってそういうもんだよ。怖いね。怖くてごめんな。嫌いになれることなんてあるのかな。


りゅっちぇが悩んでる時は無責任に「大丈夫だよ」って言ってあげたいし、りゅっちぇが元気ない時はりゅっちぇのための一発ギャグをしてあげたい。りゅっちぇが楽しい時はその姿をただただ見ていたいし(恐怖)、りゅっちぇの幸せは私の幸せ。



「自分の役割」を考えるのが癖付いちゃってるんだろうけど、役割なんていらない。大西流星でいいんだよ。「カワイイ」を作る必要もないし、だからといって「カッコいい」を作る必要もないの。大西流星でいいの。インタビューで私たちが全然わかんないような新幹線の車両の話とかしていいんだよ。どう生きたっていいんだよ。君が大西流星である限り、どんなりゅっちぇでも大好きなんだからさ。


だから私もメリットとかそんなこと考えるのはもうやめるね。どこにいたってスーパーエースだから。魔女宅のトンボのキラキラは、間違いなくエースのキラキラだった。私が西畑担になって初めての現場が魔女宅だったのウケない?どういうこと?しかも同じ頃やってたマリウスは行ってません。どういうこと?

私の視界に入るりゅっちぇはいつだってキラキラしてるのよ!どこにいたって!ほんとはりゅっちぇと西畑くんWセンターがいいけども!いいけどもグループの人数的にそんなの無理だしさ!でも西畑くんがセンターじゃなくなるなら、シンメは絶対りゅっちぇがいい。でも西畑くんがセンターじゃなくなるなら、センターはりゅっちぇがいい!超もどかしくない?(笑)シンメがいいのにセンターがいいなんて、奇数グループじゃありえないじゃんね。


私はりゅっちぇ担じゃないから全然説得力がないかもしれない。だけどな、全然満足してないよ。りゅっちぇには誰より沢山仕事してほしいし、スーパーエースでいてほしい。運の巡り合わせみたいなものが大きすぎて悔しくてたまらない。不満を言わないのが正なのかもしれないけど、私はそんなの嫌だ。満足してるなんて思われたくない。りゅっちぇにも、偉い人にも。そんなん絶対嫌。仕事しすぎで「無理しないで」って心配をしたい。満足なんてせぇへんで。

だから大声で言わせて!大西流星くんに仕事をください!!!!バーモントカレーのCMください!!!!




大西流星くん。

高校3年間は楽しかったですか?私はたった2年しか見れなかったけど、修学旅行に行けたと喜ぶ君や、学校帰りにタピオカに並ぶ君、卒業前に学校が終わってしまうことに対して寂しがる君を見てきました。どうしても初めて出会った小学生のりゅっちぇの印象が離れなくて、赤ちゃんのような扱いをしてしまうこともあるけれど、18歳。もう免許も取れるし、結婚もできるね。

きっと3年間、普通にできることができないことも沢山あったでしょう。「なんでもっと早く産んでくれなかったんだ」とママに泣きついた中学生のりゅっちぇを。ただただ守ってあげたかったなぁとか、りゅっちぇが悲しむところは見たくないし、りゅっちぇには苦しんで欲しくないし、りゅっちぇには悩んでほしくないし。たぶんそれは一生そう。ちょっとは悩んだ方がいい!とかりゅっちぇに関しては絶対思えない。誰よりも可愛いです。可愛いって言われるの嫌かもしれないけどね!可愛くて仕方ないの!甘やかすよ!りゅっちぇの悪口はマジで絶対許さんし呪う。大事な大事な宝です。りゅっちぇは関西Jr.の宝。みんなが「流星可愛い」って言うのは、顔が可愛いとかじゃなくて(もちろん顔は可愛い)、大西流星だからだよ。たぶん関西ジュニア史上1番愛されてる子だと思う!!大西流星くんだからだよ。すごい才能だよ。


「進学したい」という夢は、もしかしたら叶わなかったのかもしれない。悩んで悩んで出した結論なら、なんでも大丈夫だよ。大丈夫。間違ってない。正しいよ。真面目に真っ直ぐアイドルをやってきたりゅっちぇの決断がどうであれ、君の決断は正しい。




ほんとうのことを言うと、ずっと、高校卒業までに「現役高校生」としてデビューしてほしかった。ほんとうのことを言うと「現役高校生」として、ドラマで高校生役をやってほしかった。「おめでとう」なんて私は言えなくて、いつもいつも悔しかった。


でもりゅっちぇは、MCをやらせたらちゃんと進行できるし、ひな壇に座らせたら面白いこと言える。話がちょっと逸れた時は無理やりにでも戻すことができる。話を振られたら的確に応えることができるし、年上にも先輩にも物怖じしないでツッコめる。年齢以上のことができてしまうりゅっちぇだから。おまけにお顔が抜群に可愛い。


沢山沢山愛されてきたその歴史の中には、きっと沢山の苦しみもあったね。学生とアイドルの両立、ほんとうにすごいです。だって私は学校行くだけで大変だったもん。ほんとうにすごい。長い間、最前線でアイドルをやりながら、ちゃんと学校を卒業した。偉い。


りゅっちぇがあまりにもキラキラしてるから私もキラキラしたいって思ったよ。まぁ年齢はちょっと(?)私の方がお姉さんだけど、私も負けずにキラキラできるように頑張るね。でもまぁやっぱりりゅっちぇが学生じゃなくなるのは、ちょっとどころかだいぶ寂しいね。笑



大西流星くんへ。

よく頑張りました!

高校卒業、おめでとう!






最後に、私のお気に入りのりゅっちぇ集です。

f:id:yumenotochu:20200331192402j:plain


天使か?


f:id:yumenotochu:20200331202042j:plain


自撮りも天才的に可愛いけど、こういう自然な笑いが好き。一生笑っててくれ。で、この笑いを引き出したのが向井康二なの、熱い。


f:id:yumenotochu:20200331202137j:plain


康二くんの前だと狂ってしまうりゅっちぇ、でも康二くんがふざけ出すとちゃんと切り返すりゅっちぇ。大反抗期の矛先を康二くんだけに向け、それでも流星は可愛い康二くん、ちょっと甘やかしすぎでは…?康二くんも私と一緒でりゅっちぇには厳しくできない人やんけ。


f:id:yumenotochu:20200331202355j:plain


ひと回り違うシンメ。Wりゅうは永遠って言うりゅっちぇが愛おしくてな。大好きな龍太くんの日誌を乗っとるの面白かった。ツッコむろ〜ドで誕生日祝ってくれなくて怒るりゅっちぇだけど、ワクワクしながら「誕生日祝ってくれてるかな〜」って思いながら見たんだよきっと。可愛すぎんか?


f:id:yumenotochu:20200331202633j:plain


りゅっちぇにとって楽しかっただけじゃなかったこの括りが、わたしはひたすらに大好きだよ。





そして、永遠であれ。


f:id:yumenotochu:20200331202710j:plain